あれから6年。

まだ6年か、と思う。それほど日常に追われ、長い時間が経ったように思う。

あの日私は、今は無くなったホテル日航茨木でのロビーコンサート最終日のお手伝いに、車で向かっていた。

その途中で地震が起こった。携帯に速報が来て、ホテルに着いて皆さんに知らせるが、皆は準備に忙しく、殆ど取り合ってもらえない。

コンサート本番を横で見守りながらも、携帯に次々に来る揺れの速報に気が気ではなかった。

終わって車で帰りながら見たテレビ画面に唖然とした。

それから、東京に住む友人、千葉に住む親戚に連絡をするが、なかなか繋がらない。

ようやく連絡がついた友人は、東京都内のホールで本番中に揺れて、帰宅難民になっていた。

千葉の親戚に連絡がついたのは翌日。岸壁で釣りをしていて、ヤバいと思って逃げ帰ったそう。その後その岸壁には津波が押し寄せた。

毎日毎日、心を揺さぶられるニュースばかりだった。

枕元に、防災グッズを用意していた。

ところが、一年経ち二年経ち、だんだんと平穏な日常に、地震のことを忘れている自分がいる。いえ、決して忘れているわけではない。

ただ、今ここで起こる、とは思っていないのだ。それが一番怖いのかもしれない。

常にシュミレーションをしておくことが、一番の防災なのではないかと思う。


個人レッスンの音楽教室♪
『山口ヴァイオリン教室』で、新しい習い事はじめませんか?
◆ご予約はお電話で:080-2520-7138
◆メールでもご予約出来ます:strings@song.ocn.ne.jp

◆営業時間:月・火/10:00~12:00 水・木・金・土・日/10:00~20:00
◆アクセス:JR茨木駅から徒歩8分/駐車スペース2台分あり
※詳しい住所は、お問い合わせ時にお伝えします。
LINEで送る