ブログ

2021年の発表会

久々のブログでございます。。

やっとやっと、6月26日、発表会を開催することができました。

一年前、緊急事態宣言によって、延期とした発表会でしたが、いつまで待っても開催できる目処は立たず、とうとう一年。

昨年、「来年は大丈夫だよね」と、ホールを予約していた、今年の5月9日。またしても、緊急事態宣言に!

もう待てません!と、急いで探した会場は、キャパが半分以下、控え室も狭い、しかも土曜日しか空いておらず。

日にち変更のために、出られなくなった生徒さんには、本当に申し訳ない思いでおります。

しかも、三密を避けるために、3部構成それぞれを完全入替制にして、本番以外はマスク着用に、消毒もスタッフの方々に徹底していただいて、と色んな対策の準備をしていました。

それでも、緊急事態宣言が6月20日にまで延長され、それに伴い閉館期間も延び、ハラハラしていましたが、21日からまん延防止措置に緩和され、開館されることになり、いきなりの客席100%OKに。。     この数日での対応の差は、いったいなんなんでしょう⁉︎

結果的には、みんなの練習期間が約5ヶ月になったことで、それぞれの曲をよく弾きこむことができて、良い結果になったと思います。私も、いつも以上に、安心して楽しんで伴奏することができました。

3部に分けての撮影になった集合写真、今回特別に撮っていただいた各自のポートレート、それぞれ満足な表情なのではないかと、楽しみにしております。。もうすぐ出来上がってくる予定です。また、ここにアップできるかなと思っています。

マスク

長い梅雨が明けたら、猛暑がやってきた!この暑さの中でも、マスクは必須になってしまった今年😥

ヴァイオリンを弾くときは、ただでさえ首もとの半分を楽器で覆うことになり、夏は楽器が湿るほど汗をかくのに、鼻と口までマスクで覆うのだから、暑さは半端ない💦
おうちでは、マスクせずに練習している生徒さんたち。
レッスンに来たら、マスクをきっちりしていただくので、

「暑い😖!かゆい😭!」

とぐずる子どもたち多数。

それでも、はずしていいよ、とは言えない辛さ。
見ていて、こちらが泣けてくる。

小さな子にも我慢をさせているこの疫病。

私にできることは、エアコンをガンガンに効かせることぐらい。お母様がたは、寒くてカーディガンを羽織られる。

そんななか、フラッと立ち寄った雑貨屋さんで見つけたマスク🎻

ちょっとでも、楽しく弾けたらいいな😷

  

同窓会

先日、高校の同窓会がありました!

半年前から幹事の方が決めてくれていた日、みんなで集う予定だったのですが…

コロナ感染防止のため、オンラインで繋がることになりました。

一対一ではできるようになっていましたが、複数人では初めて。。

全員が同じ画面に映らなくて、みんなで試行錯誤。

結局、私のタブレットでは、4人ずつしか映りませんでした。

でも、お久しぶりのみんなと話せて面白かった!

今度はオンライン飲み会をしようということに。

そして、早く集える日が来ることを願っています。

オンラインレッスン

新型コロナの流行で、今までの日常が大きく変わった。

学校が休みになり、外出自粛要請が出て、何より人と人とが離れなくてはいけない。

この社会、人と人が出会うことからすべてが始まるのに、人との距離をとる…そこに生まれるものはあるのか?

音楽も、人から人へ伝えるものなのに、とジレンマに陥りながら、何か手段を、ということで、オンラインレッスンに取り組んでみました。

アプリも色々試しながら、生徒さんとも手探りしながら、なんとかレッスンしております。

同時刻にできない生徒さんとは、動画を撮ってもらってLINEで送っていただき、課題をお返しするということもしています。

そして、地球の反対側に留学している生徒さんとも繋がれそうです。

これからは、学校で毎朝漢字の10問テストをするような感じで、例えば毎日お家で音階だけの課題を出して、オンラインで見てあげることもできるのでは、と思っています。

でも本当は、以前のように、手取り足取り、一緒に音楽を楽しんで学べる日が来ることを望んでいます。

延期になってしまった春の発表会も、安全に開催できる日が一日も早く来ますように。

世界が、一日も早く落ち着きますように。

さくら

ようやく見頃になってきた大阪。

お花見シーズン到来❗️

なのに、新型コロナのせいで、心はちっとも晴れない。。

そんなとき、転勤で引っ越される生徒さんから、素敵なプレゼントをいただいた。 

  
さくらの香りの可愛いゼリー!

なんて素敵なのでしょう。中の求肥の舌触りもよく、少し冷やしていただきました。

そして、ようやく今日、桜を愛でてきました。

  
日本に住んでいて良かった、と思う春です。。

姫路市立美術館、そしてクリエイト・プラザ

ハロウィン🎃も終わり、11月に入りました。。

10月は、5日に姫路市美術館で、25日には茨木市クリエイトセンター中庭で、「川端康成」をテーマに、朗読とコンサートのイベントに出させていただきました。

茨木市は、川端康成氏のふるさと。川端康成記念館もあり、今年は、生誕120年にあたることもあり、茨木市で撮影された川端作品を基にした映画「葬式の名人」公開中ということもあり、という流れのなか、開催されたイベントでした。

姫路市立美術館では、「川端康成と美のコレクション展」という展示の前で、川端氏の作品の朗読と弦楽四重奏のコラボレーション。私たち一行は前日から姫路入りし、初めて見る姫路城に興奮しながら早くも旅気分。閉館後の美術館内でのリハーサルと、翌日の二回本番の間も、姫路城界隈をワイワイと楽しんだのでした。

そして25日は、茨木市クリエイトセンターの中庭で、同じく川端康成氏の作品と、四重奏の単独演奏を増やした、雨天中止という、なかなかスリリングな本番。一週間前から天気予報をチェックする。最初☀️マークだった25日の予報が、だんだん雨に近づいていく。とうとう、前日午後からかなりの雨が降りだした。

がしかし、当日朝には、「13時には☁️」に変わり、上がりそう!と喜んだのもつかの間。予報を見るたび、☔️が長引いていく。会場に向かう15時にも上がらず。リハーサル室にこもって練習すること一時間。16時になって、外を見ると、なんと日が射しているではないか❗️みんなの執念が実った瞬間である。

そうして、開催の運びとなった祭典が、下の写真である。皆さんが絶賛してくださった、執念の、光イベントに参加させていただけたこと、本当に嬉しく思います。

雨の不安の中、いらしてくださった皆様、売店を出してくださった皆さま、集中して聴いてくださった皆さま、そしてこのイベントを一から立ち上げられた大澤氏とスタッフの方々に、大感謝です‼️

  
 

音楽配達便

今年、近畿は梅雨入りが遅れています。

そんな過ごしやすい一日だった昨日、茨木市内の施設での出張コンサート「音楽配達便」で演奏してきました。

昨日の施設は、比較的お元気なお年寄りの方々のホームで、皆さん楽しそうに聴いてくださいました。

先方のご希望は、本物で!とのことでしたので、純クラシック、モーツァルトのメヌエットやプッチーニのオペラの曲、そしてタンゴなどで構成。

最後は、夏の思い出とふるさとを皆さんで合唱。

ご一緒していただいたのは、ソプラノののりこさん、ピアノのよしこさん、お手伝いしてくださったちえさん。歌への誘導がバツグンで、皆さんの元気な歌声に感動しました。

市内にはたくさんの施設があり、茨木市音楽芸術協会に色々な依頼をいただきます。これからは、夏のイベント、秋の敬老会、そしてクリスマス会、と半年先まで頂いています。

できるだけお答えしていきたいと、会員も日々頑張っておりますので、もしご希望があれば、ご一報くださいませ。

   

令和元年❗️

新しい時代がやってきました。史上初の10連休も終わり、きょうから平常に、、、戻れるのだろうか⁉︎

平成の大晦日 4月30日に、Poco a Poco 第11回目の発表会を開催。今回は、平成に一番流行った歌「世界に一つだけの花」を、最後に会場の皆さまと共に合唱して幕を下ろしました。

翌日から関東にてバカンス‥

東京丸の内のビルでは「令和饅頭」をいただき、皇居一般参賀の人列を眺め、千葉の海では、初の竿釣り。魚を釣るはずが、貝ばかり釣れ、夕食は貝尽くしに!

日常からちょっと離れただけで、カラダもアタマも弛み、元に戻すネジを探しています(^ ^)  

  

  

  

2019年

あけましておめでとうございます!

とうとう平成最後の年に突入しましたね。

ブログを更新するのも、お盆以来になってしまいました。。

昨年は、秋も忙しく演奏させていただきました。

10月には、お箏とのコラボレーションで、一日2回本番という、タカラジェンヌのようなことを経験し⁉︎お箏の魅力を教えていただきました。

11月は、門真市音楽協会のコンサートで、ヴィヴァルディの四季全曲のアンサンブルに参加させていただき、ソリストのフレンツィ・フリッツさんのパワーと共に、この曲への憧憬が深くなりました。

もう一つは、茨木市市政70周年イベント『川端康成』のふるさと、というテーマで演奏、こちらは久しぶりの弦楽四重奏で、川端作品ももう一度読んでみたりして、楽しませていただきました。

そして、12月は、当教室の二大イベント?クリスマス会を開催しました。

毎年、クリスマス曲を合奏するのがメインなのですが、多くの曲に参加できる生徒さんがだんだん増え、頼もしさと同時に責任も感じております。

将来ヴァイオリニストにならなくても、一人で、また友達と、音楽を楽しんでいける力をつけていってほしいと思うからです。

今年も、春の発表会は決まっています。もう、準備を始めなければ…

写真は、クリスマス会の合奏の動画の一部です。

今年は、災害もなく穏やかな年であってほしいと祈っております。

   

お盆

早くも、と言うか、やっと、と言うか、お盆休みに入りました。今年は本当に毎日が目まぐるしく過ぎていきます。

お正月に決めた引越し、荷物を整理する間も無く引越しの日がやってきて、荷物の入った段ボールが残ったまま発表会の日が来て…

発表会は、楽器が壊れたり、弦が切れたり、今まで経験した事のないハプニング続き。

ゴールデンウィークにやっと荷物が片付き、つかの間春を楽しんだら、これまた経験した事のない地震!

せっかく片付けた食器の半分近くが割れてしまい、片付けに追われ…

瓦がずれた屋根にブルーシートが張られたら、何日も続く大雨に、雨漏りを心配し…

ようやく太陽を拝めたと思ったら、経験した事のない猛暑。

そんな中、オーディションを受ける生徒さん、コンクールに出る生徒さんたち。猛暑をものともせず、レッスンと練習を重ね、本番に臨みました。

オーディションに無事合格して、Jr.ストリングスのコンサートに出演したEちゃん、コンクールに挑んだNくんSくんAちゃん、みんな普段どおりの力を発揮。

普段どおり、というのが、なにより大事なのです。本番はいつもの80%出せたら良いほうだと思っているので、平常心で臨める、それだけで私のなかの点数は上がります。

それぞれの結果をいただき、夏のイベントは終了。

その後、半年に一度の集まりで、お盆休みに入りました。今年は、「ウナギのしゃぶしゃぶ!」

  

骨からのお出汁が格別で、抜群の美味しさでした❗️

1 / 712345...最後 »

▲TOPへ