ブログ

ヴァイオリンを学ぶ…

発表会も終わり少しゆっくりしているので、今日は、ヴァイオリンを学ぶにあたって、私が大事にしていることを書いてみようと思います。

まず、楽譜を読むこと。

本でも、最初は読み聞かせですが、そのうち自分一人で読めるようになりますよね。

楽譜も一緒です。

基本4本の弦の音符が、五線譜のどこに位置するかを覚えれば、あとはそこから上がるか下がるか、なので、17個の音符が(ソからシまで)並ぶことがわかれば、音符は読めます。

ヴァイオリンの場合は、ピアノと違い、ト音記号だけでいいのです。

その次に、リズム。

これは全音符から半分に、半分に、と割っていく、簡単な算数です。

音符とリズムがわかれば、自力で読むことができ、新しい曲にもチャレンジしていけます。

新しい曲のときは、かならず、楽譜を声に出して歌ってもらうようにしています。良い声で歌わなくていいので、正確に読むことをモットーにしております。

以前習っていたところでは、ドレミをカタカナで書いていたという生徒さんで、うちに来られてから、カタカナ無しで読めるようになり、ヴァイオリンを弾くことが楽しくなった、という方もおられます。

あとは、強弱やテンポ、表情記号など、演奏するのに必要なことは、ほとんど楽譜に書いてあるので、それをどう表現していくかを学んでいただくのがレッスンだと思っています。

そしてもう一つ、ヴァイオリンを弾くには、よい姿勢が大切です。

基本は立って弾くので、きっちり立って、正しい持ち方で楽器を構えると、良い音が出せるようになります。

演奏するときだけではなく、普段の姿勢も気をつけるようになっていただけたら嬉しいですね。

最後に、やはり、おうちでどのように練習するか、です。

一週間に一回のレッスンだとすると、レッスンの時は色々注意されてよくなっても、あとの6日は、一人で弾いているわけなので、その時に、どのくらい注意されたことを意識できるかによって、進歩度合いが格段に変わってきます。

特に小学校低学年くらいまでは、レッスンのときもおうちでも、親御さんが一緒に学んで注意していただくのが一番望ましいとおもいます。

親御さんがお忙しいとしても、二日に一回でも、練習をちょっと聞いてあげて、一言、ここがよくなったね、とか、持ち方はこうじゃなかった?とか、声をかけてあげてくださると、お子さんも励みになると思うのです。

それからもう一つ、ヴァイオリン以外にもたくさんの体験をして、想像力と感性を養ってほしいのです。それが、表現の幅につながり、人生を豊かにしてくれることになります。

ヴァイオリンを弾けるということが、自信になり、他のことにも積極的にチャレンジでき、結果的に人生を楽しんでもらえたら、と願い、日々レッスンしております。

今はまさに、ゴールデンウィーク!

ヴァイオリン以外の体験を増やすのに絶好のチャンス‼︎

発表会

春の発表会、桜満開のお花見日和のなか、生徒の皆さんが、舞台に花を咲かせてくれました!

続けて出ている生徒さんは、みんな驚くほど上達していましたし、初めての生徒さんも、落ち着いて練習通り、いえ、練習以上にしっかり弾けていて、とてもうれしい一日でした。

こんど年長さんになるAちゃんから、小、中、高校生、そして、何年かぶりに再開した大人さん、OLさんまで出演してくれました。

曲は、可愛いキラキラ星から、コンチェルト、シベリウス、そして合奏は、ドレミの歌、メリーさんのひつじから、バッハのドッペルまで、幅広く取り上げてみました。

バッハのガヴォットなどのカルテットには、フルート・クラリネットも入っていただいたりして、色んな楽器の音色を聴いていただけたと思います。

そして、毎年一緒に開催していたピアノの平瀬先生も戻って来てくださり、今回はラストに、バロックダンス林規子さんにも花を添えていただきました。

先月もご一緒させていただいた規子さん、衣装も豪華で、会場がバロック時代の雰囲気になったでしょうか。

ほとんどの生徒さんが学ぶ教本に載っている、バッハのメヌエットとブーレ、こんな感じで踊れるように弾けるといいなと願っています。

チェロをお願いした大橋さんと、平瀬さん、林さんと共に、セピアっぽくしてみました。

  

トリオとトリオ

23日は、トリオを聴きに行ってきました。

以前、J.Jさんとして登場していただいたチェリスト、今回は城甲さんとしてがっつりクラシックを聴かせていただきました。

シューマンのピアノトリオと、ブラームスのクラリネットトリオ、和やかな雰囲気と、なめらかに溶け合った演奏に引き込まれた2時間でした。

J.Jさんも話されていましたが、クラリネットはオーケストラではお馴染みの楽器ですが、実際のところよくは知らないのが実情です。 

 今よく使われているのは、A管とB管だそうです。ト音記号のドをクラリネットA管で吹くと、ラ(A)になる、B管で吹くとシのフラット♭(B)になるということです。合ってるかしら?

音楽理論で言うと、移動ドになるので、固定ドの頭になっている私たち弦楽器にはなかなか馴染めません。

トリオの場合もオーケストラの場合も、スコアと言われる総譜には、すべての楽器の五線譜が載っています。ト音記号とヘ音記号はすぐ読めるのですが、それ以外は読むのに時間がかかります。

弦楽器でも、ヴィオラはハ音記号を使いますので、ドの位置がわかれば、ドはドなのですが、クラリネットの場合はト音記号での表記のドが実音ラになる…なので、スコアを一瞬で読むのは難しいですね。

というクラリネットの説明も、河野さんがしてくださり、ブラームスのトリオを楽しむことができました。 

シューマンのピアノトリオは、赤松さんのヴァイオリンが優しい音色で、ピアノの藤本さんがときに引き締め、まとまった美しさでした。

モーツァルトサロンの響きも良く、アンコールのクラリネットポルカは圧巻でした!

  

バロックダンスと…

水曜は、受講しているクラシック講座の、まとめとしてのコンサートに出演させていただきました。

あいにくの雨でしたが、昨年よりたくさんのお客様にお越しいただき、お昼のコンサートは始まりました。

今年度の講座で教えていただいた、没後50年の山田耕筰の歌、それも隠れた名曲を歌われたり、

私は、生誕150年のシベリウスの、ヴァイオリンのための小品よりワルツを弾かせていただきました。

後半は、初のバロックダンスとの共演。

バッハのメヌエット・ブーレ・ジーグと異なるリズムの3曲。

今回、ダンスを披露してくださったのは、堀川高校のときの同級生、林規子さん!

昨年、同窓会で何年ぶりかに会って、あ、何十年ぶりかも…(^^;; このコラボが実現しました。

彼女は元々はピアノ専攻だったのですが、バロック音楽のルーツを探るべく、バロックダンスの道を極められています。

バッハの曲のあとは、尺八とのダンスも披露されて、新境地開拓。

 リハーサルでの写真です。  
    
 

お食事会

先週土曜日、宝塚の某男役さんを囲んでのお食事会で、演奏させていただきました。

友人のお気に入りのお店で、20名くらいのお客様をお迎えして…

7時半からの会ですが、準備のため4時半には到着。

お店にはピアノが無いため、最近知り合いから譲り受けたキーボードを運んでいただき、セッティング。

ところが、練習のときはちゃんと鳴っていた音が、出ない!

焦りました‼︎

どうも、アダプターのコードを動かすとマズイことがわかり、延長コードをつけて、アダプターには触らない形を確保。

祈りながらの本番でした。

ピアノと、今回宝塚の曲ならなんでもござれの編曲もしてくれたのは、30年来の友人Kさん。

彼女は、今はバリバリのキャリアウーマンですが、かつてはブライダル奏者もしていた、マルチな才能を持つ人で、曲を何回か聴いたら、コードをつけて弾けてしまうのです。

ま、私は、メロディだけなら弾きますが…^_^;

というわけで、ハラハラしながらも美味しいお食事を 先にいただき、バタバタと準備は整い、公演を終えた本人到着!

初舞台を踏んで数年の初々しい男役さんを囲んで、会は順調に進み、メインのメドレーと、本人の歌!

ダンスの人と言ってられましたが、どうしてどうして、爽やかな声で歌ってくれました。

その後、得意のダンスも披露してくださり、手足の長い彼女の男役バリバリのダンスをまじかに見て、うっとり。

これから、宝塚を観るときは、彼女に注目したいと思います。

キーボードが元気でホッとしている、Kさんと一緒に。

  

フライデーナイト・ファンタジー

先週の金曜は、大阪のギャラリー菊さんにて、MINGLEさんのコンサートを楽しんできました。

MINGLEとは、東京で活躍されているヴァイオリニスト Kaoさん率いるグループで、ピアノとヴァイオリン、そして十数種類の木管楽器を操られる小田島さんとの3人で奏でられる、ジャンルを超えた曲の数々。

この日は、『アメリカへの挑戦』というタイトルで、ジャズとガーシュインの世界。

とにかく、Kaoさんのパワーに圧倒されるのです。それに、小田島さんが手品師のように菅楽器を扱われ、ひとり何役もされます。そして、大人しそうな感じだったピアノの永武さん、いえいえ、どこからあの音量が!というくらいの弾きっぷりで、ラストの「ラプソディ・イン・ブルー」には、陶酔させていただきました。

何曲かに初めて歌の方も入られ、またしっとりとした雰囲気になりました。

マイクを使わず、アコースティックなサウンドは、時にバランスが難しいですが、そこを皆さんの耳で調整され、会場の響きに合わせてのピアノの蓋の開閉も、効果的でした。

  

会場はギャラリーなので、壁には個性的な絵が並んでいて、面白い雰囲気!

ヴァイオリンだけでなく、楽器を叩いて打楽器も担当される?Kaoさんと、手品師の?小田島さん! 左で手を叩いてられるのが、Vocalの西脇さん。

個人的には『サムウェア』が好きなんです。

次回はどんなプログラムで楽しませていただけるかしら?

パディントン!

スケートのところで紹介させていただいた映画「パディントン」見てきました〜!

懐かしくもあり、可愛くもあり。。なんといっても、今の時代だから可能な実写で、パディントンの表情がリアルすぎて楽しかった‼︎

設定は、マイケルボンド原作のままで、ペルーから移民?してきたクマが、イギリスのパディントン駅で遭遇した、ブラウン夫妻と娘のジュディ、息子のジョナサン一家の家族になってゆくお話なのですが、希少動物を捕まえて剥製にしていくという女性に追いかけられ…というのが、今回のテーマ。

ロンドンの街で繰り広げられる捕物を見ているうちに、ロンドンに行きたくなりました。

また、うん十年前の小説を取り出してきて、読み始めています。

  
左端のは、英語の原作。いっとき、原作で英語の勉強をしていたことがありまして。

どうしても見つからないのが、第1巻の「くまのパディントン」水色の本ですが、失くしてしまいました。

どなたか持っておられませんか?

この時代のままの映画も製作してほしいですね〜!

横山先生

昨夏、室内楽の集中レッスンとコンサートを企画主宰してくださった、ピアニストの横山美里先生。

横浜にお住まいなのですが、先週も大阪に来られて、レッスンをしていただきました。

今回は、前からやりたかったフランクのソナタ。

ピアノは、大学の同級生、昨年の室内楽も一緒に弾いた玉井さん。

ともかくフランクは、自身がピアニストだったというのもあり、ピアノが難しい!

私は、自分がレッスンするときには、ピアノ伴奏をかいつまんででも弾いて、できるだけ雰囲気だけはつかんでもらえるようにしているのですが、フランクはかいつまむことさえ出来ません。

玉井さんは、それを見事に弾いてくれるので、私は気持ちよく乗せていただいてました。

先生も驚かれるような指遣いができるそうです。羨ましい限り…

本当に、ピアノの音の川に浮かんで、好きなように歌ってただよっているような曲です。

フランクはこの曲を、友人への結婚祝いで作曲したそうです。

今の感覚でいくと、披露宴の間の30分くらい、お客さんはこの曲を聴いていたのかな、と思いますが、実際はどうだったのでしょうか⁈

そういえば何年か前に、披露宴で、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲を1楽章から4楽章まで演奏してほしいという依頼があり、メンバーで集まって、何回も練習したことがあります。

新郎さんがその曲が大好きだったそうです。

おかげさまで勉強させていただけましたが、披露宴のために練習日を設けたことは、後にも先にもその時くらいですね。

いちごの日

あけましておめでとうございます。

きょう1月5日は、いちごの日だそうです。

地元で大人気のケーキ屋さんの、いちごショート!

    

春先よりぐっとお安くなった、クリスマスシーズンのいちご。

子供の頃から大好きないちごですが、見かけで甘さを判断できないのがつらいところ。

でも近所に、たくさんの種類を取り揃えている果物屋さんがあるので、年末、お試しの気持ちでけっこう買っていました。

当たり外れを楽しみながら?

きょうはさすがにお正月で、まだ果物屋さんが開いていないので、ショートケーキをいただきました。

クリームと一緒になると、どうしてこんなにいちごの魅力がアップするのでしょう?

 そう、魅力的なもの同志を組み合わせると、何倍もの力を発揮できるのですね!

洋服でも、お花でも、演奏でも、同じ❗️

その組み合わせに、センスというエッセンスが必要ですが‼️

除夜の鐘を聞きながら…

2015年、もうすぐ終わろうとしています。

12月20日のスケート観戦のあと、25日には、元宝塚スターの安奈淳さんのディナーショーを堪能してきました。

昨年コンサートを見に行った時は、体調が良くなくて、病院から抜けてこられたという状態だったのですが、今回は快復され、客席を歩いてまわれるほどお元気で、その姿を見ただけで涙が出そうでした。

60歳をはるかに超えられていますが、私の中では永遠のオスカル様なのです。

歌声は昔と変わらず…しっかり訓練をされているのでしょうね。

そして、26日には、生徒さんたちと一緒にクリスマス会で楽しみました。

ピアノが無くても、フルートのお父様やクラリネットのお母様に入っていただき、私はヴィオラを弾くことで、音の幅はでき、色々な曲を楽しむことができました。

初参加の生徒さんたちは、一曲仕上げることを覚えてくれたかな〜

今、近くのお寺からの除夜の鐘を聞きながら思うこと…

今年は、演奏の場をたくさんいただき、とても変化に富んだ年でした。もっともっと勉強しなければと痛感しました。

この大晦日の夜は、第九からクラシックハイライト、カウントダウンのジルベスターコンサートと、テレビでもたくさんクラシックを楽しめる時間です。

この一年健康に過ごせたことに感謝しつつ、色んな演奏を楽しみ、更なる飛躍を目指したいと思います。

元日には、毎年楽しみにしている『ウィーンフィル ニューイヤーコンサート』もあります。

あと10分、皆様良いお年をお迎えください‼︎

▲TOPへ